うまれて!ウーモ ワォ発売!遊び方などを解説

おもちゃ情報
画像はhttp://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より転載

生まれてウーモの新作「うまれて!ウーモ ワォ」

タカラトミーから、10月6日に「うまれて!ウーモ ワォ」が発売されることになりました。

 

「うまれて!ウーモ ワォ」は、子供の間で大人気の「卵の殻を割って生まれる」おもちゃです。

どんな見た目?価格は?どんなことができるの?

調べてみました!

 

2018年3月に発売された

↓↓『うまれて!ウーモ おとぎのもり』についての記事はこちらから↓↓

 

スポンサードリンク


うまれて!ウーモ とは?

「うまれて!ウーモ ワォ」は、「うまれて!ウーモ」というおもちゃの新作になります。

 

うまれて!ウーモとは、2016年に発売され、瞬く間に大ヒット商品となったタカラトミーのおもちゃの事です。

画像はhttp://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より転載

なぜ大ヒットしたのか?

このおもちゃの最大の特徴。それは、卵から育てる事ができるという点ではないでしょうか。

店頭に並んでいるときはまだ卵に入った状態で売られています。

この卵を買って、家でピンを抜き起動させます。

すると最短で20分、長いと2時間ほどで殻を割り始める音が聞こえます。

 

ひたすら殻を割り続け、カワイイひなが出て来ると子供たちはもう大喜びです。

ヒナは何タイプかあるようで、どの子が出てくるか買った時点ではわかりません。

 

どんなおもちゃが出てくる?

中から出てくるのはタイヤの付いた学習機能搭載のぬいぐるみ。

 

生まれた後もこのぬいぐるみを育てていくことになります。

ベビー→キッズ→ジュニアモードといったようにステージが変わり、ヒナのできる事がレベルアップしていくのだそうです。

 

ベビーモードの時はまめにお世話をしてあげなくてはならないところも、リアルに作ってあります。

 

うまれて!ウーモワォ の新しいところ

 

新しく発売された「うまれて!ウーモワォ」の注目すべき点は、

なんとウーモが双子で生まれてくることです!

画像はhttp://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より転載

 

一つの卵から二匹が出てきます。

カリン属クーニャン属の2タイプに分かれ、それぞれ2種類のウーモがいます。

 

卵の大きさも1.5倍くらい大きくなっていて、取り扱いに注意したいところです。

落として割れたら悲しいです。

 

何ができる?

うまれてウーモと違う点は、双子なので二匹でおしゃべりができるというところです。

寂しそうにしているときはお互いを向かい合わせてあげると、ウーモ語(?)でむにゃむにゃとおしゃべりします。

かわいいですね。

 

ジュニアモードでできるゲームは、はたあげ・リズムゲームは変わらず。

ハーモニーゲームが新しく追加されました。

二匹でハモることができますよ!

 

買うメリットは?

何と言っても昨年大人気のおもちゃだったので、お子さんのプレゼントには最適だと思います。

また、二匹入っているのできょうだいでケンカせずに遊べるのもいいですね。

対象年齢6歳と書いていますが、卵の殻の扱いが難しいだけでウーモ自体は2歳~の小さい子でも遊べると思います。

 

値段が高い

お値段は9,800円/税抜となっています。

子供のおもちゃとしてはなかなかのお値段ですね。

ただ、今回は何度も言うように二匹いるので多少お値打ちなのかもしれません。

 

ウーモの豆知識

ウーモはハデな極彩色ですが、思った通り海外製でもともとはカナダのメーカーが作った製品です。

アメリカでの商品名は「ハッチマルズ(Hatchimals)」というそうですよ!

 

 

新しいウーモ

↓↓『うまれて!ウーモ おとぎのもり』についての記事はこちらから↓↓

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ウーモは今年も大ヒットするのでしょうか。

クリスマスのプレゼントにお考えでしたら、早めにご予約を!

 

 

 

 

クリスマスプレゼントにこちらの商品もお勧めです↓↓

くみくみスロープたっぷり100が発売。何が違う?

 

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメント