ファンヒーター・ストーブは子供には危険?事故の対策は何?

家庭内事故

お子さんが産まれると生活スタイルも変わります。

 

暖房器具の買い替えを検討する方も多いでしょう。

 

選ぶときに一番に考えるのが「子供にも安全な暖房器具」ということではないでしょうか?

 

子供がいると暖房器具にどのような危険があるのか、また対策はどうすればいいのか。

 

しっかり勉強してから暖房器具を選びましょう!

 

 

他の家庭内の事故についての記事はこちら↓↓

 

スポンサーリンク


暖かいが危険が伴う「燃焼系暖房器具」

 

灯油・ガスストーブ
灯油ファンヒーター(石油ファンヒーター)

これらは燃焼系暖房器具と分類されています。

 

エアコンやオイルヒーターなどと違って内部の炎で作る温風や反射熱で部屋を暖める物を指します。

 

炎を使うもの=燃焼系暖房器具 と呼ばれるという事ですね。

 

火災につながることも

 

これらの暖房器具で過去に起こったことのある事故を挙げてみると

 

・吹き出し口や熱源に触ってやけど

・不完全燃焼による一酸化炭素中毒

・ゴムの送油管やガス管が劣化し灯油・ガス漏れ → 火災

・石油タンクのキャップ閉め忘れによる灯油こぼれ → 火災

・ストーブの近くにスプレー缶を置き加熱 → 爆発火災

・洗濯物落下→火災

上記は一部ですが、主にこのような事故が起きやすいという事です。

 

大人だと気を付けてみていられますが、TVや遊びに熱中している子供だと

 

事故の引き金が引かれていてもひょっとしたら気が付かないかもしれません。

 

では、子供たちを危険に巻き込まないために、ストーブやファンヒーターでの事故を防ぐためには

 

どのような対策を取っていくべきか見ていきましょう。

 

やけど防止にはガードを付ける

石油ストーブと(灯油・ガス)ファンヒーターでは危険度に差があります。

 

電気ストーブ

電気を使わないので震災でも大活躍すると評判の電気ストーブ。

最近はおしゃれなものも多い

電気ストーブはファンヒーターと比べやけどする箇所が多いので

 

小さい子のいるお宅ではストーブガードを付けると安心でしょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

≪アイアン家具≫【ストーブガード/ストーブフェンス/柵】
価格:43200円(税込、送料別) (2017/10/30時点)

 

これはおしゃれなデザインでお値段もいいですね(笑)

 

 

一般的にはこのようなタイプのガードがいいのではないでしょうか。

 

このようなガードがついていても、赤ちゃんがつかまり立ちして倒す可能性や

 

隙間から物を入れてしまうことも考えられますので目を離す際はやはり注意が必要ですね。

 

ファンヒーター

ファンヒーターは、温風の吹き出し口が熱くなるだけなので吹き出し口のみガードしてしまえば大丈夫です。

 

 

ただ、吹き出し口からは温風が出ますので赤ちゃんがわざわざ触りに行くことは考えにくいです。

 

ガードを買わなくても、やけどしない程度に熱いところを一度触らせて

 

「アッチッチだからさわっちゃダメよ!と教えてあげるのもよい方法ですね。

 

赤ちゃんはボタン操作も好きなので、操作ボタンにチャイルドロックの付いたものを選びましょう。

 

送油管やガス管の劣化

送油管とは、何のことかわからない方も多いと思います。

 

主に寒い地方では屋外に灯油タンクを置きますよね。

 

その屋外タンクから屋内のストーブやファンヒーターに向けて灯油を運ぶ管の事です。

 

 

ですので、自分で灯油をストーブのタンクに注ぐタイプのファンヒーターやストーブには

 

ついていませんのでご安心を。。

 

ガスの場合はガスをストーブに送り込むための管が必ずついていますね。

 

 

 

送油管とガス管には金属製とゴム製のものがあります。

 

金属製のガス管とはこのようなものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

4-180-0031 大阪ガス ガスホース3m 13A・LPガス兼用
価格:2840円(税込、送料別) (2017/10/30時点)

 

 

金属製ならばゴム製ほど劣化は早くないそう。

 

ゴム製のものは日にあたると紫外線などで劣化してしまいます。

 

劣化すると、そこからガスや灯油が漏れ出してしまい火災の危険があります。

 

ゴム製の送油管・ガス管は2年に一度の交換がおすすめだそうですので、

 

毎年使う前にはチェックして、事故を未然に防ぎたいですね!

 

 

換気をしないと一酸化炭素中毒の危険も

物が燃えるには、新鮮な空気が必要です。

 

空気が不足すると、有毒な一酸化炭素が発生します。

 

換気をせずに屋内で燃焼系のストーブやファンヒーターを使うと一酸化炭素中毒になってしまいます。

 

 

一酸化炭素中毒の症状

 

一酸化炭素は無色無臭です。

 

一酸化炭素中毒になると頭痛や吐き気・めまいがおきますが、通常の体調不良と変わらないため気づきにくいのです。

 

異変に気づいた時には手足がしびれて動けず死に至る場合もありえます。

 

死亡率は高く、命が助かったとしても脳がダメージを受け、記憶障害や人格障害が残ることがあるそうです。怖いですね。

 

 

小さい子供の場合は症状を訴えることもできませんので

 

特に注意が必要なのです。

 

スポンサーリンク


一酸化炭素中毒にならないために

一酸化炭素中毒にならないようにするには、換気が必要です。

 

大人が1時間に1回、1~2分窓を開けて空気を入れてあげることです。

 

換気扇が回っていても同様の効果があると言えますが、

 

物が燃えるときの酸素の消費は思っているよりも多いので

 

万が一、億が一と考えて、窓の開けて換気をするのがベストです。

 

一酸化炭素中毒になってしまったら??

少しでも症状が表れたなら、中毒の疑いがあります。

 

すぐに暖房器具を消し、窓を開けるなどして新しい空気を取り入れてください。

 

しばらく新鮮な空気を吸えば気分は楽になるはずですが、

 

頭痛、吐き気がひどいときは病院を受診しましょう。

 

一酸化炭素中毒警報機もある

こうした一酸化炭素中毒の事故はかなり多いので

 

一酸化炭素中毒警報機というものもあります。

 

 

業務用のCO濃度測定器ですと何万円もするのですが、

 

家庭用のシンプルなものもあるようですね。

 

こういったグッズを活用して、安全な暮らしを守っていきたいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

他にも、

 

・可燃性のものはストーブのそばに置かない

 

・子供だけで留守番をするときは安全度が高いエアコンや床暖房にする

 

などの対応策もありますので忘れずに!

 

対策をバッチリ行って、快適な冬をお過ごしくださいね。

 

 

子供の家庭内の事故についての記事はこちら↓↓

 

 

 

育児カテゴリはこちらの記事も人気です↓↓

 

 

スポンサーリンク


コメント