くみくみスロープたっぷり100が発売。何が違う?

知育玩具「NEWくみくみスロープたっぷり100」発売

 

人気の知育玩具、くもん「NEWくみくみスロープ」の新商品「NEWくみくみスロープたっぷり100」が発売されました。

 

ピタゴラ装置のようにコースを作りボールを転がして遊べるので大変人気になったおもちゃの新作です。

 

我が家でも4年ほど前にクリスマスプレゼントとして「NEWくみくみスロープ」を購入しましたが未だに ”レギュラーおもちゃ” としてリビングにちょこんと君臨しています。

 

それくらい飽きずに遊べる優秀なおもちゃです。

 

  • どんなことができる?

 

  • 以前の「NEWくみくみスロープ」との違いは?

 

  • 何歳くらいのお子様に最適なの?

 

気になったので調べました!

 

スポンサーリンク


商品の詳細

まずは、発売の詳細を。

【発売日】   2017年11月6日
【対象年齢】  3歳以上
【セット内容】 パーツ100個(31種類)、ボール24個(カラー12個、蓄光12個)、台座、作例集
【商品仕様】 パッケージサイズ : D300×W355×H270(mm)
重量 : 2700g
材質 : ABS、MABS

amazonでの発売開始は11月11日となっています。

楽天は発売する店舗の入荷日によって異なります。

 

参考価格¥ 10,260
Amazon価格:¥ 8,135
楽天価格:¥ 8,210(最安値、送料無料)

発売開始後すぐに購入したい方は実店舗の方が早く手に入れられますね。

 

↓↓Amazonにジャンプします↓

 

↓↓楽天にジャンプします↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NEWくみくみスロープ たっぷり100 くもん出版 [NEWクミクミスロープタップリ100]【返品種別B】【送料無料】
価格:8210円(税込、送料無料) (2017/11/7時点)

 

価格は8000円を超えますので子供の持ち物としては「いいお値段」ですよね。

 

どのようなおもちゃなのでしょうか。

 

どんなおもちゃ?

あなたのお子さんは、ピタゴラスイッチで流れる「ピタゴラ装置」を食い入るように見てはいませんか?

 

ボールが転がしたり転がる様子が好きな子は多いようです。

 

うちの子もピタゴラ装置の影響か、3歳頃は異常なまでに小さいボールを転がすことが好きでした。

 

ピタゴラ装置とは何なのか。作った方の動画です。参考に。

ピタゴラ装置は基本的に家で手に入るような身近な素材でボールの通り道を作ります。

 

ですが、お子様が真似をするとなると

 

  • 道筋・しかけを考えるのが難しい

 

  • 場所を取る

 

  • 片づけるとまた作るのに手間がかかる

 

  • 子供が扱うと危ない物は使えない

 

と、作るのには様々な理由で挫折しがちです。

 

じゃあ、おもちゃで代用しちゃえ!となった時に選択肢に入るのがこの「くみくみスロープ」です。

 

くみくみスロープとは

ブロックのようにパーツを組み立て、ボールが転がる道を作ることができる知育玩具です。

 

今までのくみくみスロープは価格.comの「知育玩具売れ筋ランキング」で1169製品の中で16位になるなどかなり人気があります。(2017年11月時点)

 

ボールの誤飲に注意

 

パーツの中には小さいものが含まれています。

 

特にボールはビー玉くらいの大きさなので誤飲しやすいです!

 

ですので3歳以上のお子様が推奨されていますが、遊ぶときはなるべく目を離さぬようにしたいですね。

 

(ボールにまずい味などつけてくれれば助かるんですがね…)

 

パーツが豊富

パーツの数は100個もあるのでこのような複雑なコースを作ることも可能です。

 

種類は曲がり道のほかに、通過すると回る車輪・道を分けることのできる分岐パーツ・お皿の形のパーツ・新しくデコボコ道・ジャンプ・急カーブが入っています。

 

ボールの数が24個もあるのでお友達が来ても取り合いにならずいいですね。

 

パーツはとても頑丈にできており、投げる・踏むなど乱暴に扱っても壊れないところも人気のポイントだと思います。

 

旧・NEWくみくみスロープとの違い

こちらは今まで発売されていたNEWくみくみスロープです。

 

今までは、くみくみスロープ本体以外にボリュームセットという追加パーツのセットが販売されていました。

 

「NEWくみくみスロープ」シリーズ

NEWくみくみスロープ

いろいろなパーツを使ってボールが転がるコースを考えるおもちゃ。
セット内容:パーツ57個(18種類)、ボール12個、作例集

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くもん NEW くみくみスロープ (リニューアル)
価格:3150円(税込、送料別) (2017/11/7時点)

 

 

NEWくみくみスロープ ボリュームアップセット

透明の拡張パーツセット。(この商品単体では遊べません)
セット内容:パーツ14個(9種類)、作例集 *ボールは入っていません。

 

NEWくみくみスロープ ジャンプ&大車輪セット

ジャンプ、大車輪、Uターンなどのアクションパーツが入った拡張パーツセット。
(この商品単体では遊べません)
セット内容:パーツ16個(12種類)、作例集 *ボールは入っていません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くもん くもん NEWくみくみスロープ ジャンプ&大車輪セット
価格:1770円(税込、送料別) (2017/11/7時点)

 

今までとの違い

以前のものとの違いは、このようになります。

 

  • パーツの数が格段に増えた

以前のくみくみスロープの追加パーツを買うよりも多くのパーツが付いてきます。

  • 台座が付いていて安定感がある

台座があるとグラグラしにくくなっていいですね。

  • ボールが蓄光仕様になっていて暗闇でボールが光るのでこれまでと違った遊び方ができる

転がす時に電気を消すと幻想的な風景になりそうです。

 

  • 新しいパーツの追加(デコボコ・ジャンプ・折り返し・長い坂)

  • ボールの数は24個で以前の倍

なくしやすいのでありがたいです。

 

何歳くらいの子に最適?

 

推奨年齢は3歳以上とあります。

 

連結に少々力がいりますので、力のない子は組み立てづらいと感じ、遊ばなくなるかもしれません。

 

また、部品の誤飲も考えられますので口に入れる可能性がなくなってから買い与える方がいいでしょう。

 

よって、年齢で決めるよりも、ある程度手先が器用になってきたくらいの子供に買ってあげるのがいいと思います。

 

他の転がし系おもちゃ

キュボロ

藤井四段が遊んでいたことで有名になったおもちゃ。

木製なので重く、値段も高いです。

パーツの組み立てが簡単なので誤飲に注意すれば2歳頃でも使用できそうです。

 

エデュテ TREEスロープ

 

こちらはかなり小さい子でも遊べます。道を作ることはできません。

 

まとめ

子供の好奇心を育てるスロープトイ。

クリスマスのプレゼントにも最適ですね。

 

他にもクリスマスプレゼントにおすすめのおもちゃはこちら↓↓

うまれて!ウーモ ワォ発売!遊び方などを解説

画像はhttp://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より転載

 

子供が夢中になるおもちゃは選ぶのが大変です。

この記事が手助けになれば幸いです。

 

商品を紹介しているくもんのサイトはこちら↓↓

 

くもん NEWくみくみスロープ100

スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ
にほんブログ村

コメント