孫が喜ぶプレゼント3選!_2うまれて!ウーモ おとぎのもり

おもちゃ情報
http://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より画像引用

[wc_highlight color=”blue” class=”mago”]『お孫さんが家に来るのはいいけど、うちには遊ぶものが無くていつもつまらなさそう…』[/wc_highlight]

 

そんなお悩みがある方、最近のお子さんに人気のあるおもちゃを知って参考にしませんか。

 

父母じゃ買えないものを用意すればお子さんも「またおじいちゃんちに行きたい!」と思いますし、

 

お父さんお母さんも喜びます。みんなでハッピーになりましょう!

 

スポンサーリンク



 

←←前のページはこちらから

 

6歳以上のお孫さん(女の子)向け

 

次は、女の子のお孫さんにおすすめのおもちゃです。

 

2・『うまれて!ウーモ おとぎのもり』 参考価格:8800円(税抜)

 

昨年から大きなブームになっている

 

卵を自分で割って産まれてくる人形「うまれて!ウーモ」です。

 

このウーモの新しいシリーズが2018年3月に発売されます。

 

今回も大人気になること間違いなしと思われます。

 

上の動画でもあるように、今回のウーモはどういうわけか名前を呼んでくれます。

 

よりかわいがる気持ちが強くなりそうですね。

 

どんな遊び方?

 

今回の「ウーモ おとぎのもり」の前に出た「ウーモ ワォ!」という商品について

 

詳しく書いた記事がありますので参考になさってください。

 

 

さて、前のウーモと基本的な遊び方は変わりませんが、

 

大きく3つの違いがあります。

 

1・飼い主の名前を呼んでくれる!

2・産まれてくる種類が増えた!

3・毛並みが良くなった!

 

1・名前を呼んでくれる

名前については、どのように覚えさせるのかという操作方法は一切発表されていません。

 

「説明書を読んでかわいがってね!」とありますので、

 

説明書通りに操作して名前を吹き込むと喋ってくれるようです。

 

 

2・産まれてくる種類 について

 

今までなかったタイプの子が出てくるようです。

 

今までのタイプは以下の通り。

 

http://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より画像引用

http://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より画像引用

http://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より画像引用

http://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より画像引用

http://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より画像引用

画像はhttp://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より転載

画像はhttp://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より転載

 

いずれもかわいらしいです!

 

そして新しく加わった仲間は下のティギー属とツノーム属です。

 

http://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/より画像引用

 

『いそうだけど実際にはいない動物』といった感じでしょうか。

 

今までと違う子が生まれるという事で、持っている子でも

 

またほしくなってしまいそうですね。

 

 

3・毛並みが良くなった

手触りについては評判が悪かったわけではありませんが、より愛着がわくように改良したようです。

 

 

 

 

いい所・悪い所

いい所(メリット)

・動物好きな子にはたまらない、ヒナが卵を割って産まれてくる瞬間が味わえます。

 

・少しずつ成長(できる事が増える)するので長く遊べる

 

悪い所(デメリット)

・卵から生まれる前は取り扱いに注意。(落とすと割れてしまう)

 

・卵が割れるのが一番のポイントなので、それが終わると飽きてしまう子もいる

 

いずれにせよ、操作やお世話が色々あるので

 

説明書などをよく読んで予習しておいた方が良さそうですね!

 

 

購入はこちらから

 

楽天↓↓


【送料無料】うまれて!ウーモ おとぎのもり ピンク


うまれて! ウーモ おとぎのもり ブルー

 

amazon↓↓


うまれて!ウーモ おとぎのもり ピンク


うまれて!ウーモ おとぎのもり ブルー

 

 

次のページはこちらから↓↓

孫がよろこぶおもちゃ!続きはここをクリック

 

 

スポンサーリンク



 

コメント