孫が喜ぶプレゼント3選!_3 小学館の図鑑Neo Pad

おもちゃ情報
http://www.takaratomy.co.jp/products/zukanneopad/

[wc_highlight color=”blue” class=”mago”]『お孫さんが家に来るのはいいけど、うちには遊ぶものが無くていつもつまらなさそう…』[/wc_highlight]

 

そんなお悩みがある方、最近のお子さんに人気のあるおもちゃを知って参考にしませんか。

 

父母じゃ買えないものを用意すればお子さんも「またおじいちゃんちに行きたい!」と思いますし、

 

お父さんお母さんも喜びます。みんなでハッピーになりましょう!

スポンサーリンク



 

←←前のページはこちらから

 

2歳~

生き物に興味を持ちだした子に安心して与えられるゲーム機です。

 

小学館の図鑑Neo Pad 参考価格:15,000円

 

 


小学館の図鑑 NEO Pad (ACアダプター TYPE5U 付き)

 

ゲーム機か…と顔をしかめたおじいちゃんもおばあちゃんも、ご安心ください。

 

これはゲームもできる図鑑なのです!

 

どういうもの?

 

子供には図鑑を買ってあげたい親や祖父母さんも多いですが、

 

重たくて難しい言葉が並ぶ図鑑を喜んで読む子供はあまりいませんよね。

 

ですが、最近は低年齢の子でも読める絵や写真の多い図鑑が各出版社からたくさん出ています。

 

学研や、


宇宙 (なぜ?の図鑑) [ 縣秀彦 ]

 

小学館、


恐竜新版 (小学館の図鑑NEO) [ 富田幸光 ]

 

フレーベル館など


ひとのからだ (フレーベル館の図鑑ナチュラ) [ 細谷亮太 ]

 

子供にも読みやすく工夫された図鑑がたくさんあります。

 

DVDが付いているものもあり、より子供が図鑑に持つイメージを身近にすることができます。

 

でも、一番子供がとっつきやすい図鑑がこれでしょう。


【あす楽対応 土日も即納】タカラトミー 小学館の図鑑 NEO Pad【送料無料(北海道は800円(税別)沖縄・離島は2500円(税別)加算)】

 

子供でも使いこなせるタブレット型の図鑑です。

 

どんなことができる?

人気の図鑑から内容を抜粋

 

小学館の図鑑Neoの人気図鑑4種(動物・恐竜・昆虫・魚)の中から500種の生き物を抜粋してPadで見ることができます。

 

購入時は350種のみで、Padに搭載されているゲームをクリアすることで動物の種類が増えます。

 

自分で撮った写真を図鑑に登録できる

http://www.takaratomy.co.jp/products/zukanneopad/より画像引用

このPadのすごいところは、カメラが付いているので

 

カメラで動物や生き物の写真を撮って、図鑑のページに写真を登録することができるのです。

 

生き物好きの子は、写真を集める楽しみもあるので長く楽しめそうです。

 

ゲーム(アプリ)が100種も入っている

 

実はゲーム機が主なのでは?と言いたくなるくらい、ゲームアプリがたくさん入っています。

 

ゲームと言ってもお絵かきやぬりえ、ひらがなや数字の書き方のゲームもありますので

 

小学校前の予習に最適です。

 

学習アプリの一例。 http://www.takaratomy.co.jp/products/zukanneopad/より画像引用

 

 

買った方の口コミ情報

こちらの商品は既に発売して大ヒットしています。

 

そこで、買った方はどう感じたのか、感想をまとめました。

 

良かった点

・図鑑をゲームで増やしていくのが楽しい

・動物園・博物館に行くのが楽しくなる

・熱中して遊ぶが、遊ぶ時間を設定画面で決めておくことができるので安心

 

注意したい点

・電源(ACアダプタ)が別売り。電池はすぐになくなるので必ず電源コードを買った方がいい

・落とすと壊れそう

・小学三年生くらいになると物足りなく感じる

 

他には、やはりゲームばかりしてしまうという意見もありました。

 

前もって、お孫さんが図鑑に載っているいきものに興味を持てるか確認しておいた方がよさそうですね。

 

 

 

購入はこちらから↓↓

 

楽天↓↓


【オンライン限定価格】小学館の図鑑NEOPad【送料無料】

 

amazon↓↓


小学館の図鑑 NEO Pad (ACアダプター TYPE5U 付き)

 

 

まとめ

お孫さんにおすすめの最新おもちゃ3選、いかがでしたでしょうか。

 

人気のおもちゃをプレゼントして、読者様が

 

尊敬されるおじいちゃん、おばあちゃんになれることを願っています!

 

 

 

スポンサーリンク



コメント