0歳からの知育玩具 | ラトル(ガラガラ)の選び方

0歳

赤ちゃんが最初に遊ぶおもちゃとして思い浮かぶものと言えば、ラトル(歯固め、ガラガラ)ではないでしょうか。

多くの赤ちゃんが生まれて初めて手にするおもちゃですし、品質のいい、赤ちゃんの知育にいいものを選びたいですよね。

周りのママ達が持っているから…など適当な理由で購入する前に、

「ラトルとはどんな役割をするおもちゃなのか」を知って

あなたの赤ちゃんのために本当にいいラトルを選びましょう!

 

管理人おススメのラトル4選はこちらの記事から↓

 

スポンサーリンク



ラトルとは

ラトルとは、赤ちゃんが手にもって振ったり、舐めたりかじったりして遊ぶおもちゃです。

ねんねの時期の赤ちゃんの知育に必要なのは『みる・きく・さわる』だということをご存知でしょうか。

 

ラトルはこの時期の赤ちゃんができる『振る』というアクションで、音が出たり色んな動きをします。

ラトルを振って楽しく遊びながら、視覚・聴覚・触覚やを発達させたり、自分の体の認知をしたりできるのです。

 

生まれたての新生児からこのような感覚は備わっています。ラトルを振ってみせてあげたり触らせてあげたりしてくださいね。

 

みる・きく・さわるの知育についてはこちらの記事に詳しく載っています。

 

どんなラトルがいいの?

残念ながら、市場に出ているラトル全てが赤ちゃんにふさわしく作られているかというと、そうではありません。

デザインがオシャレでついついかわいいものを選びたくなりますが、まずは以下の点をしっかりチェックして選んでいきましょう。

 

信頼できるメーカーが作っている

やはり赤ちゃんはすぐに口に入れたり舐めたりしてしまいますので、安全性において信頼ある企業が作っているものを選ぶのがいいでしょう。

 

ラトルの塗料成分や破損によるリコール(不具合)は意外にも多いのです。

例えば、ラトルで今一番人気があるオーボール。

2017年3月・オーボールを販売する会社キッズII社オーボールのリコール報告をしています。

米国消費者製品安全委員会(CPSC)のページ

 

ビーズの入った部分が破損することがわかり、赤ちゃんが中のビーズを飲み込んで窒息する危険があるということでした。

窒息は起きていませんが、飲み込んだりのどにつまらせた事例はあったそうです。

命に関わる事故はありませんでしたが、大変危険ですね。

 

このことから、売れているもの=必ずしも安全、ではないということが、お分かりいただけるでしょう。

 

じゃあ安全なものって何?と考えると、やはり安全なのは歴史ある企業が作っているテッパン商品なのではないでしょうか。

 

お手入れが簡単なもの

赤ちゃんが触るものはすぐによだれだらけになってしまいます。

清潔を保つために洗いやすく拭きやすい素材や形なら、パパママのお世話の負担も軽くなりますね。

 

布製のラトルや ”にぎにぎ” は洗う回数が多くなってしまい大変ですが、きれい好きのママさんにとってはよだれを吸ってくれるのであちこちがベタベタせず良いという見かたもできます。

 

手触りがいいもの

ねんねの赤ちゃんにとって『さわる』ことは貴重な遊びの一つ。

できればプラスチックよりは木の素材や布を選びたいですね。

布製ならガーゼ素材などが優しい手触りでおススメです。

 

ところで、ベビーの肌着などに『オーガニックコットン使用』とよく書いてありますね。オーガニックコットンは

『手触りがいい!』とか

『アレルギーになりにくい!』と思い込んでいませんか?

 

でも、手触りやアレルギーなどの面でご心配なら普通のコットンでも全く問題ありません

収穫されるコットンそのものには、オーガニック綿でも普通の綿でも変わりはありません
普通に栽培された綿でも、残留農薬はとても少ないので、収穫されたものから科学的なテストなどでオーガニックかどうかを判別することは不可能です。

参照ーオーガニックコットン協会HPより

 

オーガニック栽培されたものは無農薬なので、エコの観点から選ぶならオーガニックコットンをオススメします。

 

まとめ

新生児期からできる知育として、ラトルで遊ばせることはとても有効だということがわかりましたね。

選ぶポイントは

・信頼性のあるメーカーであること

・お手入れがしやすいこと

・手触りがいいこと

 

これを意識して、良いラトルを選びましょう。

お子さんの記憶にずっと残るおもちゃになるといいですね。

 

管理人がお勧めする安全なラトルの記事は↓こちら

 

スポンサーリンク



コメント